WEBで申し込みが完結する消費者金融

モビットはカードローンを諦めていた私の救いでした

キャッシング検討中のあなたのために、体験談を当サイトでは募集しております。
今回はモビットのカードローンを利用した体験談を頂きましたのでこの場でご紹介致します。

ソフトウェア開発を行なう会社へ勤務している都合上、会社の方針として社員に関する情報を一切開示しない方針を取っていました。

このため、住宅ローンを組むなどの特定の事情がある場合には、事前に金融機関名と担当者名の両方を届け出ておく必要があり、事実上消費者金融からの勤務先在籍確認電話の取次が不可能だったわけです。

更に不審な電話があった場合には、着信電話番号から調べて本人に確認する作業までが入ります。
会社とも機密保持契約を結んでいる都合上、やむを得ないことですが、大半のクレジットカード作成にも苦慮する事態に社員全員が困っていました。

しかし、実際に母の入院費用が貯蓄だけでは不足することが判明した時には、何とか書面による在籍確認に対応した金融業者は無いかと調べて辿り着いたのがモビットです。

モビットのWEB完結申込みは、単に申込みをインターネット上から出来るだけでなく、社会保険に加入していて会社名入りの健康保険証を持っていれば、勤務先への在籍確認電話を行わずに審査結果が出るまで一切の電話連絡無しに進めることが出来ます。

モビットのWEB完結申込みの条件として、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の銀行口座が必要でしたが、三井住友銀行を給与振込口座として会社から指定されていたので、そのまま利用可能でした。

本当にWEB完結申込みが出来るのか不安になり、一度コールセンターへ確認すると、追加確認書類として源泉徴収票と直近2ヶ月の給与明細書を画像アップロード出来れば良いという確認が取れたので、正式に申込みを行なうことにしました。

前日の夜に申し込み手続きを行い、翌日の昼休みに確認した時には既に審査に通過していたので、会員サイト経由で振込融資を受けられる状態となったわけです。

モビットの申込画面は、重要事項説明部分をスクロールさせないと次に進めないように工夫されており、入力ミスさえ気をつければ確認電話連絡すら入りませんでした。

モビットでWEB完結申込みを行なうと、カードレスタイプのカードローンとなりますが、カードが必要な人は通常の専用ローンカード発行タイプも選択可能です。

しかし、スマートフォン経由で振込融資を受けられるので、モビットを利用する上でカードレスタイプに不自由を感じることは少ないです。
土日祝日に振込融資を受けられない点に注意が必要ですが、カードレスタイプとすることで借りすぎを防いで計画的な利用が出来ると考えています。

勤務先への在籍確認で悩んでいるならば、申込み条件を確認して問題なければ、モビットのWEB完結を利用してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Top