すぐに借入れできる会社リスト

即日キャッシングが可能な会社7選

社会生活をしていると突然、ある程度の金額が必要になる場合があります。

例えば、冠婚葬祭などはその最たる例ではないでしょうか。
特に6月ともなれば、毎週日曜日が友人の結婚式でスケジュールが埋まったなんて人もいます。

実は私のことなんですが、20代後半から30代前半は6月は恐怖の一ヶ月でした。
ご祝儀はもとより、毎週披露宴、二次会、三次会と出席すれば、スーツも何着かは必要ですし、その他もろもろの出費も多くなります。

そんな時に頼りになるのが、「即日」融資OKな「キャッシング」のカード会社です。
一ヶ月利息0円などのサービスを利用すれば、貯金0円の私でも賢く、友人の結婚式ラッシュを乗り越えることも可能でした

。 アイフルで30万円借りて、次の月の給料日で完済する。
その次はアコムで生活費を15万円借りて、また次の給料で完済する。

次の月はプロミスで生活費10万円を借りて次の月に完済、最後はレイクで5万円を借りてゆっくりと180日かけて返すというやり方で、利息0円でご祝儀ラッシュを切り抜けられる荒業を使いました。

その他にも金利0円とはいきませんが、即日融資できる頼もしいキャッシングカードもありますので、併せて紹介します。


アイフル

最大30日間利息0円のサービスがあります。
キャッシング時の利息は4.5%~18.0%(実質年率)で、残高スライド元利定額リボルビング返済方式で返済していきます。

最短30分審査とありまして、当然即日融資可能です。
インターネットでの契約をした際、カードが後日自宅に郵送されるのですが、家族などに知られないための「配達時間えらべーる」サービスがあります。
最大500万円まで融資可能です。

三菱UFJフィナンシャルグループアコム

最大30日間利息0円のサービスがあります。
キャッシング時の利息は3.0%~18.0%(実質年率)で定率リボルビング方式で返済していきます。

最短30分審査とありまして、当然即日融資可能です。
8:00~22:00の間なら「むじんくん」(自動契約機)で契約すれば、その場でカード発行、即日融資です。
最大800万円まで融資可能です。

三井住友銀行グループプロミス

最大30日間利息0円のサービスがあります。
キャッシング時の利息は4.5%~17.8%(実質年率)で残高スライド元利定額返済方式で返済していきます。

WEB申し込みなら即日融資可能です。
9:00~22:00の間なら自動契約機での即日融資が可能です。
最大500万円まで融資可能です。

新生銀行カードローンレイク

5万円までなら180日間無利息というサービスがあります。
30日間無利息のサービスもあり、借り入れ金額に応じて選択できます。

キャッシング時の利息は4.5%~18.0%で、借り入れ額によって残高スライドリボルビング方式か元利定額リボルビング方式を選択できます。
インターネットでの申し込み(平日14:00まで)なら、口座振込みで即日融資可能です。

最大500万円まで融資可能です。

オリックス銀行カードローン

キャッシング時の利息は1.7%~17.8%で、残高スライドリボルビング方式で返済していきます。
来店の必要がなく、インターネットで審査から借り入れまで全て完結します。即日融資も可能です。

最大800万円まで融資可能です。

三井住友銀行カードローン

キャッシング時の利息は4.0%~14.5%で、借り入れ額に対して変動金利で返済していきます。
来店の必要がなく、インターネットで審査から借り入れまで全て完結します。

三井住友銀行本支店およびSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗に設置されているローン契約機(ACM)にて、原則土・日・祝日も21:00までお申込可能で即日融資も可能です。

最大800万円まで融資可能です。

みずほ銀行カードローン

キャッシング時の利息は3.0%~14.0%で、200万円以下の融資は残高スライド方式での返済、200万円以上は借り入れ額により金利が変動します。
来店の必要がなく、インターネットで審査から借り入れまで全て完結します。即日融資も可能です。最大1000万円までの融資が可能です。

まとめ

いかがでしょうか。
世の中には即日、まとまったお金を貸してくれる頼もしいキャッシングカードの会社が多く存在します。

カード破産などという言葉をよく耳にしますが、それぞれのキャッシング会社の特性を知り、計画立てて賢く使うことで、貯金0円でもなんとか体裁を繕うことはできるのです。

ただし、くれぐれも返済期限には遅れないようにしなければ、信用情報に傷がついてしまいます。
利息0を利用しても「完済」をしたことで、あなたの信用情報は各会社で少し上昇しています。

限度額増額のダイレクトメールが届いたりもすると思います。
そうやってせっかく築き上げた信用を崩さないようにすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Top